カードローンで滞納をしてから強制解約がされるまでの流れ

カードローン(http://www.go-girly.com/)で滞納をすると、強制的に契約が解除されてしまう恐れがあります。しかし、1ヶ月支払いが遅れたくらいならば、基本的には強制解約されることはありません。たった数日の遅れでも、契約違反であることには変わりがありませんが、カードローンでは契約違反の度合いが重大でなければ、契約が強制的に解除されることは基本的にありません。重大な契約違反というのは、3ヶ月以上の滞納、代位弁済、債務整理などがあった場合になります。重大な契約違反があると、契約が強制的に解除され、いわゆるブラックリストにのってしまい、残高が一括で請求されます。
カードローンを滞納して1ヶ月くらいの時点では、まだ催告の電話やハガキが届くといった程度になります。滞納が2ヶ月続くと、「期限までに支払いをしなければ残高を一括で請求します」といった内容が書かれた最終勧告の書類が来ます。早ければ滞納が61日続いた時点で、3ヶ月の延滞となってしまうので、注意をしておきましょう。
このように、カードローンでは1ヶ月程度の滞納があっただけでは強制解約をされてしまうリスクはありませんが、たった数日の延滞でも信用情報に傷がついてしまうということには注意をしておきましょう。また、1ヶ月程度の滞納でも何度も繰り返していると、利用停止になってしまうこともあります。