カードローン返済中に病気になってしまったら?

カードローン返済中に病気などになってしまい、収入が無くなっても、返済は続けなければいけません。
しかし収入が無ければ、返済は難しくなるため、どうにかしなければいけませんよね。
何も対処をしなければ、差し押さえをされてしまったり、取り立てされたりと、とても苦しい状態になってしまうでしょう。
カードローン返済中に病気になってしまったら、まずは悩んでいても状況は悪化していくばかりなので、カードローンを利用している消費者金融や銀行に、病気になり収入が滞っているため、返済が厳しいということを伝えると良いです。
すると何かしらの処置をしてもらえるため、取り立てや差し押さえをされることは避けられます。
しかし消費者金融に直接伝えても、対処してもらえなかった場合は、紛争解決機関というところに相談すると良いです。
すると消費者金融と自分の間に、紛争解決機関が介入し、問題を解決してくれます。
また、状況が悪化する前に弁護士に相談しておくのも良いです。
相談しておけば状況が悪くなる前に対処してもらうことができます。
滞納をそのままにしておくことは、自分をより厳しい状態にすることになるので、早めに相談したり対処することが大切です。
参考:http://www.tara-bajinabasta.com/